あるヨギの独り言

毎日を楽しく生きるヨギの自叙伝(日記)。 名古屋でのヨガインストラクターとしての生活やヨギとしての旅を続けるYoshiの成長日記です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヨガバーンさんのテラスで休憩。

バリ島はウブドに少し滞在しました。

IMG_2117.jpg


ここはネットも出来て、ご飯もマクロビやローフードのカフェです。

名前?

分かりません。。。ヨガバーンというスタジオに併設しているカフェです。

写真の上方の2階部分にスタジオがあってレッスンが行なわれている様子。

『オーーーム~~』

というマントラが何度となく聞こえてきます。

ここ最近は数日間だけ滞在するというパターンで忙しく動いているので、ゆっくり過ごしたいな~

という気持ちになりました。

ヨガの練習も最近は自主練ばかりなので、ウブドでゆっくりすごして毎日スタジオのレッスンを
適当にゆる~く受ける生活も悪くないな~~~と、思いました。。。

夏の休みには実現させてよう!

ヨガバーンでは次の週に年に一度のイベント、バリスピリットフェステバルがあり、世界中から色んなヨギ達が
集まっていて、通常クラスも人がいっぱいです。

みんな頑張ってね~って感じで、緩い自分がそこにいます。。。

IMG_2115.jpg

写真の真ん中でアクロバットなポーズをとっているのがヨガシュワリ先生。

ニューヨークは『ジヴァムクティヨガ』のシニアティーチャーです。

自分も大好きな先生です。6月には名古屋にも来てくれる予定なのでラッキーです。

でももしかしたら・・・今の日本の状態ではキャンセルになるかもしれないですね。。

スポンサーサイト

| [旅するヨギ]バリ | 15:10 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リゾートには夢がある

ここに1人の男がいる。

南の島のリゾート開発に関わる男だ。

この秋に12個の連続するヴィラをバリ島に完成させた男だ。

2009年1月頃にここのブログで書いた記事に[宇宙に吹く風]というのがあったんだけど、
そこにある写真が下のものだ。
yoshi.jpg

その時にはこんな風に真っ平な土地が…

P1030235.jpg

奇麗なヴィラに変わるのだ。

何かが出来上がっていくのは美しい。出来上がりよりもその過程に純粋さがある。

何故?こんなにリゾート開発に魅かれるのだろうか?

親戚が下呂に温泉宿の旅館を運営している影響だろうか?

ハワイに4年近くもいて、リゾート地に意識が向きやすいのだろうか?

小さい頃より年1回の旅行は下呂温泉。
しかも、ハイシーズンは混むから迷惑だろうということで暑い夏に行くのだ。

まだ温泉宿として何も開拓されていなかった下呂の街もこうやって開発されていったのだろうか?

下呂の温泉をひいたときかされているひいお爺さんも石ころの上に乗っていたのだろうか?

おっと、この素晴らしいヴィラを開発したのは自分じゃなかった。。。

この漢(おとこ)である。
P1030234.jpg

今の自分に出来るコトは。。。いつものスタンプ(印)を打ち込むことぐらいなのだ。。。

P1030250.jpg

いつかヨガのリトリートなどで使わせてもらいたいけど、ヨガとか忘れてのんびりしてしまいそうだ。

さてさて、自分もこの街、ヌガラを盛り上げていきたいものです~

| [旅するヨギ]バリ | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

開放感を感じています。

ちょっとした繋がりからバリ島に来ています。(短い時間ですが。。。)

何をしているか?というと、バリ島の空気を感じながら人の話を聞いたり、話したり。。。

よく行くあんな店やこんな店には足を運べてません。こんな時も大事です、

年齢と共に自分で何もかも決めて立ち向っていく中、
同じように責任を持って自分で行動している人達の先輩方の姿や姿勢に触れることが
さらに頑張る勇気と力をわけてもらっている気がします。

最近、何をそんなに急いでいるのか?

というような質問を少し前にされたのですが、周りからはそう見えるのかなぁと思いました。

自分自身のスピードは何も変わることなくいるつもりですが、
周りの過ぎ行くスピード感を早めてみているのは事実です。

車の席に座っているのと、新幹線の席に座っているのは、どちらもじっとしている作業ですが、
周りの過ぎ行くスピードは違っています。

その景色に対応できるように判断と思考の決断までのスピードをあげているのですが、
確かに負荷がかかっています。

そういう意味では、一カ所に留まっているのではなく、
場所を変えて客観的に物事を見たりする作業は大事だと再確認しました。

どんなに相手のことを考えても自分目線(自分本位)で物事を考える人は
相手を理解した気になっているだけで分かることはないのです。自分もそうでした。
客観的に外から見ることで把握できたりすることで解決策が見つかることもあります。

すべては自分の我を横に置いておいて、相手の立場になって場の雰囲気を読むことが
自分自身と周りをコミュ二ティを社会をよくする唯一の方法であるのだから。。。

早く2011年になってもらいたいものです。

個人的にはやっと混沌とした雲の中から脱出するかのように来年が光を指してまっている感があります。

扉を閉じて力を溜め込んでいた箱が溢れでそうな感です。

さてさて、明日は2年間かけてバリ島に自分の城を構築していたHさんのほぼ完成された建物を見学します。

自分も長年色んなプロジェクトに関わってきましたが、
始まりから出来上がるまでが1番輝いている時期なのです。

出来上がることで次のプロジェクトが輝きだすからですが、明日に1番の輝きを見てから帰国します。。。

| [旅するヨギ]バリ | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MySOUL主催バリ旅行を終えて・・・

3泊4日という短い時間でしたが楽しいバリ旅行でした。

ヨガスタジオ主催というスタイルで、『ヨギック&ヘルシー旅行』。

けっして誰々先生と行くバリツアーとは言わず・・・

旅行とはすべてのスケジュールが時間刻みに決まっていて、
それをこなすのが旅行である。という、固定概念から解放されて欲しい。。。

という、ヨギ的なマインドでバリ、ウブドを楽しむというヘルシー&ヨガ旅行。

これをしなきゃとか、あれをしとかないと、とかなく、バリの空気を個人が
どう感じて、自分がどう思うか?

単なるヨガしている気分を味わうのではなく、
かといって勉強をするわけでもなく、
ただ味わう旅。(むしろ、そこで感じたことが後々への学びなるのかも・・・)

旅のしおりは、こんな始まり文句でした・・・

旅に出よう!

できること、できないことを勝手に決めつめてしまうのはやめよう。
写真、ガイドブックなどに載っている物を見て描く、頭の中の空想じゃなく、
今、リアルに起こることを、 今、リアルな自分で直接体感しよう。

これは価値がある、それは時間の無駄だと頭の中で決めてしまうのもやめよう。
身体でただ感じよう!

VASTU SAMYE CHITTA BHEDAT TAYOR VIBHAKTAH PANTHAH.『PYS4-15』
(目に見える世界は同じようでも、それを受けとめる心が人様々であるから、
感じ方はさまざまに異なるのである。By パタンジャリヨガスートラ)

ヨガが導いてくれるはず!それだけで、すべての景色が、
目に広がる景色が輝きはじめます。

ただ眺めたり、じっとしてみたり、
周りの音にただ耳を傾けたりして、すべてをあるがままに受け入れよう!

・・・そこには常に新しい風が吹いている。



自分自身が教育関係の仕事をしている家に生まれていることもあり、
学びという姿勢はついつい入ってしまうのだけど、
笑いの絶えない旅行になったのは参加者の素晴らしい
キャラクターに助けられたのはいうまでもありません。

誰々先生の講義を感じるというのがテーマではなく、
バリのウブド全体を感じるのがテーマなので場所決めには苦労しました。。。。コンセプトを分かってくれたアッキー(Akky)

アッキーは何十箇所も候補地を見つけてくれて、2人で何度もいろんなヴィラを見に行ったのを覚えています。
(去年は4度もバリに行っているので!)

シャワーの使い勝手から、立地の便利さ、それぞれのメリット、デメリット。色々話し合いながら、構成を考え・・・問題点を克服ながら・・・

お店についてからみんなが長く待たされないようにと、先に料理を注文しておいてくれたり、いろんな車から移動の為の手配。。。。

エトセトラ、エトセトラ、エトセトラ・・・

アッキーには感謝しきれないくらい頑張ってもらいました。

全体的によい雰囲気に包まれたのはアヤ先生のおかげだと言って間違いないでしょう。クラスも担当してもらったり、ボルスターも運んでもらったり・・・頑張りに感謝、感謝です。

必然なのか、偶然なのか、現われ、すれ違い、食事を一緒にした愛ちゃんや、セーラ・シヴァ二、ヨガウェアのインヤンのユーヤンさん、気を使いながら旅の最高のスパイスを与えてくれた彼らに感謝します。

そして何より、至らぬところを笑い飛ばしてくれた参加者のみんな。

突然に現われるヨギ達、彼らと挨拶を交わし会話するのに笑顔で付き合ってくれたみんな。

ヨガやバリダンスを一生懸命楽しんでくれたみんなに、
健康的なべジ生活を満喫してくれたみんなに、
大いなる感謝の気持ちでいっぱいです!

ありがとう!

3ヶ月に1回のペースで開催します!

・・・間違いです。開催したいです!

| [旅するヨギ]バリ | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジュリア・ロバーツもウブドに・・・

今回のバリ・ウブド滞在中・・・

何度か道路が交通禁止になっていた。

ウブドは道が細く、一方通行が多いので・・・非常に困る。。。

ぐるっと小道を使っての迂回をしないといけない・・・軽い渋滞にもおちいる。

非常に困る・・・が、今回はアリです。

理由が、映画の撮影だから・・・主演がジュリア・ロバーツだから・・・

という単純な理由。残念ながら、見かけることもなかったジュリア・ロバーツ。

この方のブログで写真が載っていました~
http://ameblo.jp/karangnusa/entry-10371986492.html

どこどこのアンティーク家具で有名なヴィラに滞在しているとか・・・
フォーシーズンに滞在しているとか・・・色んな噂があっていいです。

さっきの方のブログを読んでいると・・・ああ、ここが撮影に使われたんだね・・・

って、風景が目に浮かぶので映画が楽しみです。

有名なウブドパレスの前のマーケットも一度、交通禁止になって撮影していたから
映画に登場すると思うけど・・・

映画のタイトルが、『EAT PRAY LOVE』

有名な小説を映画化したそうですが、情報のない我々はどんな意味なんだ?
と、考えました・・・

そんな慣用句、聞いたこともないし・・・会話で使う言い回しか?

RPAY(祈り)とLOVE(献身的な愛)はヨガ的なんだけど・・・EATは何か違うし・・・

EAT(食べる→身につける→蓄える→育む)から、祈りと愛を育むのでは?

とか・・・

エアロスミスの『EAT THE RICH』 を思いつつ・・・

結論は・・・分からない!ということで、誰かに聞いたら・・・
3つの都市でのストーリーだよと。

EAT(パリ)、PRAY(インド)、LOVE(バリ) なんだそうだ・・・

我々にとっては、YOGA(バリ)なんだけどな・・・

| [旅するヨギ]バリ | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。