あるヨギの独り言

毎日を楽しく生きるヨギの自叙伝(日記)。 名古屋でのヨガインストラクターとしての生活やヨギとしての旅を続けるYoshiの成長日記です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

頭の中にゴミを溜めないで!

30代を過ぎて本当に大事だと思うことがある。

精神を育てるプラクティスを
しているかどうかで、
その後の人生が大きく変わるという事だ。

剣道、柔道、合気道、武道、書道、華道、茶道、
そしてヨガや太極拳などのエナジーワークや瞑想や禅など。

実際にプラクティスを自分でしていたり、している人を見ていると、
その実践の過程で、

(1)他ゴト考えながら練習している人
(2)何かに集中して練習している人
(3)集中してそうで、ただぼぉーっと何も考えてない人
(4)集中しようと努力しつつ、また他ゴト考えて、また集中して…を繰り返す人

…の人達がいる。

結局は、それぞれの自分の状態に
どうしてそういう自分がいるのかを
深く考えないといけないのだと思う。

何かについて徹底的に考えることが仕事であり、それを従事しているこいい、それが繰り返される事を「生きる」ことという。

残念ながら、考えなくてできると思われるような(実際はそうでないと思うけど)仕事は、機械にとってかわるようになった。

これが現実なのだ。

昔の仕事と比べると、
考えない仕事は機械がして、
数パーセントの改善を人が考えるのが人の仕事となった。

そして…
我々人類は考える事によって生まれる頭の中のゴミに悩み苦しむのだ。

だから、精神的なプラクティスがそのゴミを燃やしてくれる。

我々は、ゴミを生みださないと機械のように死んでしまうし、
ゴミを燃やさないと腐ってしまうのだ。

その考えを元に考えると、
120歳まで生きることができるなんて言うのは嘘っぱちだと分かる。

ゴミをだして、それを燃やしてを繰り返すのは難しいからだ。

現代技術は、機械のように生きながらえる技術を持ってしまったから
ある意味恐ろしいのだけど…

何が言いたいかというと…

大人気ないとか言わないで、
怒り、悲しみ、喜び、喚き散らして、
頭の中のゴミを撒き散らかそう!
そして、そんな自分をしっかり見つめてゴミを燃やしていこう!
と言うことだ。

10代、20代の頃は勢いで色んな事にぶち当たり頭のゴミなんてその日のうちに燃やしていたと思う。

だから、30代過ぎたら頭のゴミを燃やす精神プラクティスが必要だと思う。
ゴミを完全に燃やす方法は沢山あるから何の心配もいらない。

怖いのは、ゴミを埋めてしまうこと。埋めれば、埋めるほど、
ぼーーっと、思考を停止する癖がついてしまうことだ…
スポンサーサイト

| [ヨギの独り言]ヨガ修行 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情報が多すぎるから・・・

昔の人は「飛び跳ねる猿」のように移り変わるマインドを少しでも穏やかにしようと
ヨガの実践やスピリチュアルなことを考えた。

他のエリアの情報などほとんど伝わってこない古代においてそうなんだから、
すべての情報が何でも入る現代においては、マインドはもっと飛び跳ねていると言える。

我々はテレビの電源を切って、時には「ネット」や「スマホ」とかもやめて、
目の前にある情報を減らした方がいいのかもしれない。

ちなみに自分はオンタイムでテレビを見ない。
2、3個の番組だけど録画して、暇な時にだけ見る。

携帯もガラケーのままで、
移動時はオフラインだ。
アプリは便利だからiPod touchで使ってWi-Fiのあるところで同期する。

ある情報を手に入れた時、
我々はしっかりとソレと向き合わないといけない。

その情報とどう向き合うか?どう考えるか?

上手く考えるのが苦手な人は、
他の人に聞いたり調べたり…

その情報がどう自分に関わるのか?
周りに関わるのか?

考えないといけない。

でも、すぐ次の情報が来るから考えれない。

すると、どうするか?

「無視をする」ことになる。

または、最初から「納得のいく、簡単な話」を求めるのだ。

視聴率などが大事な
テレビは無視をされては困る媒体であり、だからこそ、
納得のいく話しかしなくなってしまったんだと思う。

本当に必要な考えないといけない話を提供していたらチャンネルを変えられてしまう。

ニュースでも、納得のいく(安心できる)ものだけを伝えて、
考えさせられるような事実は伝えなくなった。

テレビは純粋に我々に届くものを提供しようと
努力しているのかもしれない。

受けての我々が、思考停止しているだけなのでは?

何も考えないだけでは?

考えないと安心は手に入らない。
考えないと痛みは消えない。
考えないと、本当に自分に必要な活動ができない。

解決策として、
この負のスパイラルを吹っ飛ばすぐらい、
何にも情報を入れずに、
爽快に身体を動かしてみるしかないと思う。

テレビも携帯使わないで、海外に旅行に行ってしまうとか・・・

そして、また考えはじめて雑念が生まれたら…

はい。ヨガがあるから安心です。
ヨガは心のサプリメントですから!

そもそも、本当に必要な情報だけで満足しましょう~
って言う考え自体がヨガの教えなのです。

| [ヨギの独り言]ヨガ修行 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心は身体うつす鏡なのだ。

アシュタンガ・ヴィンヤサヨガを教えていると、
生徒さんとポーズが出来る、出来ないというトピックで話すことがある。

個々の身体の状態によって練習内容が違うのがアシュタンガヨガの特徴だ。

身体能力が高い人や、手足が短く体幹部を使うのが得意な身体だったり、
身体が非常に柔らかったりすると、その人に必要なポーズも変わってくるので、
ついつい他の人と比べてしまう。

だから、ポーズがどうしたらできるか?何故に、出来ないのか?

≫ Read More

| [ヨギの独り言]ヨガ修行 | 13:50 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

凡人のすすめ・・・

古代のヨガは一部の人々のためだったかもしれないけど、現代のヨガは全ての一般の人々のためだ。

それは、一部の天才と言われるアーティストや、
身体の柔軟なアクロバティックな雑技団のためではなく、
何かしらの仕事を頑張る(従事する)、全ての人々のためだという事だ。

自分の先生は言った。

「1%のセオリーと99%のプラクティス」

これは自分の根っことなる部分を新しい物へと昇華する力を持つ。

根っことなる部分。それは、根性だ。

生まれつきネガティブな人はいない。

根っこを昇華すればポジティブな元の姿が現れるのだ(洗われるのだ)。

自分の先生はこの人の言葉から引用したかもしれない。
「天才は1%の閃きと99%の努力」
トーマス・エジソンの言葉だ。

我々、凡人は1%の閃きがなくとも哲学や真理という確実な物に頼れば、後は99%の努力で良いのだ。

| [ヨギの独り言]ヨガ修行 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴィパッサナー瞑想への旅 ⑧

【7のつづき・・】

本当の苦痛はコース終了後だった。。。

センターの最寄のバス停に送ってもらい、バスに乗り込んで、アシュタンガ石川のトシさんと
話しながらバスに揺られていたら・・・

バス酔いが始まった。。。

まぁ、我慢できるぐらいだったので、そのまま駅まで到着して、その次の電車に乗り込んだ。。。

電車でも乗り物酔いが収まらないのだ。。。

京都駅に着いて、胸焼けが止まらないので逃げるように名古屋の最速のものを購入して、
昼には自宅に帰った。

自宅に一人でいると・・・

ウソのように胸の苦しさが引いてゆく・・・

夕方に本屋さんに行きたくて外にでると・・・だんだん・・・また胸が痛くなっていく・・・

ぎゅ~っと・・・

なんだこの痛みは?どうして起こるのか?

参加する前にMySOUL8のアッキー先生にコースの最後は
人との会話に慣れるためのナラシの期間です。いきなり人と会話すると心臓がウッとくるので・・・

と、聞いていて、「うそ~~」「ほんと~~?」と思っていた。

そんなリアクションがあるのかな~?と・・・

今まで感じたことのない経験に期待していたのだが・・

結局、話しても何もなかったので安心していたのた。

けど・・・人ごみの中で来るとは!

心臓がウッとくるというよりは、完全に車酔いに近くて、胸の辺がギュ~~~~ッって鈍い感覚が
ずっと続く・・・

実はコースの初日の頃は、背中に殺意を感じたのだ。

この殺意は自分が作り出したものだ。

たぶん、人とのコミュニケーションがないので周りの人がどんな人か分からない不安から来ていたのだ。
一瞬、まさかっ!(そっち系の人が参加しているのか?)
とも思ったけど、違う。自分が誰かということを言葉で威勢で表現し、そのリアクションを見て
安心できない不安からくる感覚なんだ。

小さい頃より大きな身体で威圧感を与えやすい環境で生きてきたから、
そのリアクションからの安心感を受け取ることに慣れ過ぎているだけなのだ。

もちろん、小さい頃より自分を観察し、実験し、新しい環境にて優位な部分を削り、
弱い部分を強くするようにしてきたけど、こういうナチュラルな場所だと弱い部分が再発見できる。

話は反れたけど、ヴィパッサナーコースが終了して、最後に感じた”愛”は吹っ飛んだ!

これだから人間は面白い!

と、思えるのは今の話で・・・愛を感じたから恋患いか?と思うぐらい胸が苦しかった。

実際、どんなメカニズムでこの感覚が発生しているのか観察できないぐらい苦しかった。

外で道を歩く時は、人気のない道を選び、目を合わさないように下を見て歩いた。

といっても、4~5日の話だけど・・・

深い集中の中にいることからの副作用なのであろうか?自意識過剰すぎるのか?

よくわからないが、コースが終わってからが1番大変だとは思いもしなかった。

しかし参加して得たことも大いにあった。今までの自分の指導方法の本質的な部分は
ヴィパッサナーの練習と同じであったのだ。自分が指導法に改良と発展をしてこれたのも
生徒さんをより深い意識レベルまで集中させたいという思いからだし、
そのリアクションを見る観察を絶えず続けてきたからだと思った。

これから、安心して道を進むことができる。

そして、またこの京都の山奥に練習しにこれると思えるのが嬉しいことだ。

| [ヨギの独り言]ヨガ修行 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。