あるヨギの独り言

毎日を楽しく生きるヨギの自叙伝(日記)。 名古屋でのヨガインストラクターとしての生活やヨギとしての旅を続けるYoshiの成長日記です。

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偉大なヨギに助けられながら・・・

数字には何か引きつけられるものがある。。。

インド人はゼロを発見した民族だという・・・

土着のインド人なのか?後から来たアーリア人なのか?

アーリア人かもしれないですね。。。後のドイツ系のルーツになったり・・・

アーリア系は優秀な民族なんで・・・

もう1つ優秀な民族といえば、ユダヤ系。占星術なども数学的知識を必要とするし・・・

でもゼロを発見したのは、マヤ文明の時代の人々だとも聞いたことが。。。

まぁ、古代には数字にまつわる魅力があるってことですね。

自分も数字に取り付かれた部類です。。。

昔は、バスをまったりしてて暇なときは、公道を走る車のナンバーを見て、
+、-、×、÷、√、を駆使して合計を10にする遊びをずっとするぐらい、数字オタク。。。

特に、偶然にも数字のぞろ目を見たりするとテンションが上がります↑↑

たまに、コンビニでの支払い金額が777円とかだとなんか嬉しいし。。。

こんな風に、ぞろ目をみて何か思ったことないですかね?

ちなみに、先週のヨガレッスンをしている時にふと時計を見たら、3時33分。

おおっ、ぞろ目だ・・・・

なんて、思っていながら一週間が経ち。。。

朝に友達の日記を読んでいたら、
ぞろ目を見る時ということは、天使さん達が何かメッセージを送りたくて、
そのメッセージをぞろ目で表してるんだよってのを読んで面白い~って、思いました。

その日の午後もまたヨガレッスンをしている最中に、何気なく時計を見たら・・・

3時33分!!

おおっ、て思って。クラス終わってから友達の日記を読み返しつつ【333】の意味は?

と、チェックしたら…

【333】
アセンデッドマスターたちがあなたのそばにいます。そして彼らの手助けと愛があり、そばにいることをあなたに知って欲しいと願っています。アセンデッドマスターたちをたびたび呼んでください。特にあなたのまわりで数字の3のパターンが見えたときにはそうです。よく知られたアセンデッドマスターたちにはイエス、モーゼ、マリア、観音、それにヨーガナンダなどがいます。


・・・だそうです。。。

アセンデッドマスター達、観音様やヨーガナンダさんが側にいてくれているクラス。

何か、嬉しいやら恥ずかしいやら。。。

彼等の手助けと愛があるそうです。。

何か、有り難いやら、恥ずかしいやら。。。

まぁ、感謝、感謝、なんですけど、これからはアセンデッドマスターを呼ばないといけないですね。。。。アセンデッドって、意味分かりませんが。。。

でも2週に渡って、同じ時間に同じぞろ目を見ることや、その間にぞろ目に関する記事を読むコト自体が、何か奇妙な出来事でした。。。

本当は3時15分に終わっているはずのクラス。。。

3時33分からシャバーサナを初めているって・・・ひどい時間オーバーなクラスです。。。

それを教えてくれているとか???

興味ある人は、以下がぞろ目の意味たちです!

ゾロ目の数字の意味
【111】
自分の思考を注意深く監視していてください。そして考えたいことのみを考え、考えたくなくないことを考えないようにします。この組み合わせはチャンスの扉が開こうとしているサインです。そしてあなたの思考が記録的な速さで具体的な形になっています。
111の組み合わせはまぶしいフラッシュのようなものです。その意味は宇宙があなたの思考の写真を撮り、それを具体的な形にしているのだということです。宇宙が撮ったあなたの思考に、あなたは満足していますか?していなければ、自分の思考を修正しましょう(自分の思考を制御したり監視したりするのが難しければ、あなたの天使に助けを求めましょう)
【222】
あなたが新たに植えたアイデアが現実になるよう育ち始めています。水と栄養をやり続けること。そうすればじきに、それは土を突き抜けて育ち、現実化しているという証拠を見ることができるでしょう。言い換えるなら、奇跡が起こる5分前にそれを止めてはいけません。それが実現しているのが、じきにあなたにもはっきりと眼に見えてきます。ですからそのまま頑張り続けてください。肯定的な思考を持ち続け、アファーメーションを言い続けビジュアライゼーションを続けてください。
【333】
アセンデッドマスターたちがあなたのそばにいます。そして彼らの手助けと愛があり、そばにいることをあなたに知って欲しいと願っています。アセンデッドマスターたちをたびたび呼んでください。特にあなたのまわりで数字の3のパターンが見えたときにはそうです。よく知られたアセンデッドマスターたちにはイエス、モーゼ、マリア、観音、それにヨーガナンダなどがいます。
【444】
今天使があなたを囲んでいて、その愛と助力があることを保障しています。天使の助けがそばにあるので心配しないこと。
【555】
シートベルトをしっかり締めてください。大きな人生の変化がやってくるからです。この変化は「肯定的」「否定的」というふうに見るべきではありません。なぜならすべての変化は人生の流れの自然の一部に過ぎないのです。この変化はあなたの祈りへの応えかもしれません。ですから心を静かにして自分自身を見つめ、感じ続けてください。
【666】
あなたの思考が今バランスを欠いています。物質的な世界に焦点を当てすぎています。この数字の羅列は、天界と地上の間の思考のバランスをとるように言っているのです。有名な「山上の垂訓」のように、天使はスピリットや奉仕をすることに集中するように言っています。そしてその結果あなたの物質的・感情的なニーズは自動的に満たされると知ってください。
【777】
天使はあなたに拍手を送っています。おめでとうございます。あなたは波に乗っています。がんばり続けてください。そしてあなたの願いがかないつつあることを知ってください。これはかなり肯定的なしるしで、さらなる奇跡が起こることを予期しているのです。
【888】
あなたの人生のひとつの章が終わりを告げようとしています。そしてこれはあなたに準備ができるよう、警告をしているというしるしです。この数字の連続は、感情、仕事、あるいは恋愛関係のある段階を終えようとしている、ということも意味しえます。さらにトンネルの向こうには、光があることも意味しています。そしてさらに「作物は実っている。収穫して楽しむのを先に延ばさないように」ということでもあります。言い換えるなら、何か行動を起こしたり、自分の労働の実りを楽しむのを後回しにしてはいけないということです。
【999】 
完結です。あなた個人としての、あるいは地球全体としての大きな段階の終わりです。そして地球のヒーリングに携わるライトワーカーたちへのメッセージでもあります。その意味は「仕事につきなさい。なぜなら母なる大地が、あなたを今すぐ必要としているからです」
【000】
あなたは神とひとつであるということ。そしてあなたの創造主の愛を内面に感じるよう思い出させているのです。そしてさらにある状態が一巡してまた振り出しに戻ることも意味しているのです。
スポンサーサイト

| [ヨギの独り言]Yoshi ヨガクラス | 10:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィードバック INDIA (その2)

インドで最初に出会った牛
PA030074_20081121004354.jpg
彼たちの存在は分からない・・・

どんな宗教的理由なんだろうか?

不可侵って、それを信じている人間にはいっぱい侵入(戦争など)してるのに・・・

人類に対して不可侵にしたら?って思う。

道の雑草やゴミ(生もの)を処理してくれるから彼らはいるのか?

とかも考えた。。。もっといい方法があるだろうし、意味などないのだろう。。。

またある日、乳を搾っている女性を見かけた・・・
PA160207.jpg
そういう風に役に立っているわけでもある・・・

でも道に大きな糞(フン)を撒き散らす・・・

ユダヤではお金を意味する牛。

自分はおうし座だから、小さいころ ”牛” を食べさせてもらえないのか?

などとも思ったりもした、牛。。。

この町、マイソールではどんどん牛が減っているのだという。

数年前はもっといた・・・ってタリックが言っていた・・・

どこへ行ったのだろう?誰かが連れて行ったのか?

死んでしまったのか?

インドでは毎日が生サファリだ・・・

| [旅するヨギ]インド | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野生のサファリで野生に帰る?(その4)

インド・サファリ編・・・・引っぱりすぎですね

またインド行ったときにもここにはお邪魔するつもりなんで、トラに逢うまで続けます・・・

昼間に撮った写真ですが、陸サファリ。こんなんに乗っています・・・・
PA270331.jpg
野生の動物が襲ってきたら・・・や、やられるな・・・というのが最初の感想でした。

まぁ、「襲ってくれる=遭遇してる」ので、それもラッキーととるかとらないかは自由です。

ああっ、襲ってほしいぃぃぃ!~ウエルカム、タイガ~!

なんてこと考える余裕はないです。寒いですから・・・

孔雀の次は鹿でした・・・
PA280477.jpg
一匹目は感動します。なんせ、野生ですから。

後に知ることになります。

あんなにいっぱい鹿がいるとは・・・・鹿だらけです。

1時間後には見向きもしません。慣れとは怖いです。

でも、前日の像と同じで角に美しさを感じます・・・・

と、突然、ジープが急ストップ!

そしてバックで下がりはじめる・・・な、何か発見したのか?

トラの足跡でした・・・
PA280491.jpg
ここ、ナガルホーレ国立公園でみんなが期待するのが、『トラ』。

足跡だけでもテンション上がります。

まぁ、結果を先にいうと遭遇できなかったのですが、前日の夕方とこの日の夕方に
サファリに出かけたあるグループは出会ったとか!

やはり、「ノリと自信とタイミング」です!

これは、ガウルというでっかい牛の仲間・・・
PA280480.jpg
バッファローかと思った・・・・インドにゃいないか・・

他にも、サンバー(鹿の大きいの)とか遭遇し・・・

でもやっぱり鹿にばかり遭遇し・・・
PA280485.jpg
サファリの旅・第1回は終了しました・・・・

ヴィラに戻ってきて、朝食を食べて・・・・またハンモックの上へ・・・
PA280497.jpg
やっと、暖かくなってきました・・・

チェックアウトをした後に、予定を延長して、プールサイドでのんびりしました。。
PA280454.jpg
タリック先生、本当にいい経験と楽しい旅のチャンスをありがとうございます。

やはり、よく知っている人についていくのが間違いないですね・・・

真実は本には載っていませんね。。。(ブログにはあるかもですが・・・)

今回のインドのマイソールでのアシュタンガの練習の旅は、
まったく何も考えずに旅立ったんですが、運がよかったというのが本音。

みんなが行くからという理由でただ経験の為に行っていたら、
              恐ろしく平凡な暇なものとなっていたかもです。

どんな時期に行くのか?休日はどういう風か?誰がいるか?何をするつもりか?

自分によくしてくれたり、色々、紹介してくれる人はいるのか?

全部は無理ですが、こんな環境が少しでもある状況を狙って行くのが賢い行動だな~っと・・・

正直、まったく何も考えずに行ったわけですが・・・・

ただただ、運がよかったなぁ~、本当に色々体験できたなぁ~と、思っています。

お世話になった人達に、ただただ、感謝。。。。。

そして、図々しいですが、まだまだ、色々教えてくださいね~~







| [旅するヨギ]インド | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィードバック INDIA (その1)

インド2日目。いっぱい歩いてノドが乾き・・・水を買った。

おつりがチョコできた。
PA030073.jpg
これもインド・・・・

後で食べようと、ポケットにしまった。

しまった。。。

解けてしまった・・・

これもインド・・・(いや、自分のミスか・・・)。

| [旅するヨギ]インド | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野生のサファリで野生に帰る?(その3)

Cicada Kabini リゾートホテルにココロを持ってかれた大きな理由は看板です。

このメッセージ性のある看板達に・・・

「野生の動物達は夜に動き出す・・・あなたも夜行性になってみない?」
PA280449.jpg
で、キャンプファイヤーみたいな絵。

もちろん、ここでは夜にすることなんてないんですが・・・

3年ぐらい前に友人がバリにSPAを作る計画をしていた時に、思いついたのが、
SPAの入口までを泥んこの道にして、裸足で歩いて部屋まで行ってもらう・・・

それですでに足つぼだし、どうせコースの中で丁寧に足を洗ってあげるんだから・・・

足の裏で自然の大地を感じながら始まるSPA・・・

あの時の思いついたことを思い出しました。。。

「あるがままに自然な姿で歩こうよ・・・」
PA280451.jpg

早朝、5時半ぐらいかな?・・・・コーヒーを飲んでから、陸上サファリ始まります!
PA280456.jpg

寒いからジャケットを・・・・と聞いていたけど。。。。

寒いです。。本当に・・・・そして、霧がすごい。。

これでは動物が遠くにいても分からないや・・・

と、現実以上の霧がココロを支配します・・・
PA280460.jpg
そして・・・・それ以上にココロを支配していた思いは・・・・

さ、寒い!!

だから、実は、ずっとウジャイ呼吸をしていました。

マソウ師の言葉を思い出し・・・

「まだ氷河期の頃の人々はプラナヤマにより熱をカラダの内に作り出し寒さを乗り越えていた。。。」

本当かどうかは別にして・・・・勝利の呼吸にてこの場を乗り越えました!

と、呼吸音がみんなにバレないことに気を集中していたら・・・・

道をふさぐ物体が、突如現れました!

写真は、ちょっと左にずれてますが・・・・最初は道のど真ん中に!
PA280462.jpg
この現れ方・・・ゲームでドラゴンクエストという怪物を倒して強くなっていくモノがあるのですが、
その怪物の現れ方そっくり!

突然、道をふさぐ動物と遭遇した!!

こっちもビックリ! あっちもビックリ! 

戦うか? 逃げるか?

相手が逃げた!

ちょっと遠くで様子を見ている!
PA280465.jpg
朝一番の遭遇者は孔雀でした。ヨガのポーズでいう、マユラーサナですね。

繁殖のシーズンになると、求愛の印としてオス孔雀はキレイな羽を広げるのだそうです。

我々ヨギは、朝一番に羽を広げてますが・・・

求愛はしてません・・・・

つづく・・・

| [旅するヨギ]インド | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終わりのない、100年の旅・・・・

切符が切られ、旅が始まる・・・・

産まれたときに切られた切符より100年の旅が始まる・・・

目的地についてから旅が始まると思う人も・・・・

切符が切られてから、すでに始まっていると気づく人も・・・

毎日の生活も、旅の途中(一部分)だと気づく人も・・・

それを気づかしてくれるのが、ヨガマットの上でのプラクティスだという人も・・・

マットの上での旅は自分探求の内なる旅だという人も・・・

外であれ、内であれ、旅は旅である。

内なる探求と共に・・・流れというものが勝手に生まれ・・・それに従うだけ・・・

そして、その先に気づいたら、外への旅が始まる・・・

自分の人生の旅の定義はこの延長上にある気がする・・・

食欲に・・・・快楽に・・・そして変わることのないという安定からの安心に・・・浸るのもいいが、
本当に自分に必要なのだろうか?

内なる探求による流れを感じているだろうか?

そして、流れを感じつつ無視してはいないか?

何をしたらいいのか?わからなくて、止まっていないか?

止まっているというのも、安定しようという力がかかっているのだが・・・

まずはヨガマットの上に旅立とう!

何度か頭が真っ白になるような練習をして、自分に聞いてみよう・・・

自分はどこへ向かっているのか?

自分の場合。。。

東京での4年間の生活を終えて、気づいたらアメリカに住んでた・・・

そして4年が経ち・・・帰国したら、足は伊勢神宮へと向かっていた・・・・

どうしてかは分からない。150キロ近い道のりを歩いて・・・日本を感じたかったのかも知れない。

1つの旅が2つ、3つの旅を作っていく。

毎日の生活が、明日の旅を彩り、明日の旅の希望が今を輝かせる。

同じ場所にいても、違う場所に色々移動しても、旅は旅だ。

それは、「動」の動き(アシュタンガヨガ)と「静」の動き(インヨガ)に似ている。

なんかヨガを無理やりすすめているようでいやらしいが・・・

何がいいたいかというと・・・

旅にでることにしました!(この長~い文章はその言い訳ですっっ)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

インド巡礼の旅 ~Namarupa Maha Yatra 2009~
yatra09_poster_sm_2.jpg
今年は南に行ったので、来年こそは北をせめます!詳しくはこちら

≫ Read More

| [ヨギの独り言]ヨガカルチャー | 15:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野生のサファリで野生に帰る?(その2)

前回その1よりの続きです。。。

道に迷ったりなどして、予定より大幅に遅れて到着です。

PA270330.jpg
この Kanini川沿いにある Cicada Resort は素晴らしいリゾートホテルでした!

インドでの最も贅沢な時間を過ごしたという事実は間違いありません!

19の写真のようなヴィラがカビニ川に沿って建っています。
PA270336.jpg

すべてのヴィラの小屋の前にはハンモックが・・・・そして、さっそく・・・
PA270337.jpg

ゆっくりしている暇もなく、遅れて到着した(3時くらいだったかな?)ので、
急いでビュッフェスタイルのお昼を頂きました。もちろん、空腹で写真など撮る余裕ありません!

アクティビティは2パターンあります。ジープサファリかボートサファリ。

この日は4時からのボートサファリを選びました。

ご飯を食べてすぐに乗り込みます・・・
PA270351.jpg

≫ Read More

| [旅するヨギ]インド | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野生のサファリで野生に帰る?(その1)

マイソールでのシャラの練習は、満月と新月の日はお休みです。

さらに、インドの休日も休みになります。。。ちょうど月、火と休みの日が有りました。

どの様に過ごすか?

幸いにもカラダはまったく疲労していないのでどうしようかと思っていたら・・・

部屋の外から声が・・・・・

「よしく~ん!よぉ~しく~ん!」

携帯などもっていないので、誰かを発見する為には直接家に行く必要があります。

子供の頃の夏休みを思い出しました。

おっきい先生が外にいました。ジャイアント・アシュタンギ、タリック先生です~

そして、月~火の休みにサファリに行かないか?と・・・

もちろん、日本語でも英語でも、2つ返事「オーケー!」

今回のインド、マイソールでの練習のきっかけをくれたのはタリック先生でした。

まぁ、シンプルな理由ですが・・・「僕も行くから行こうよ~」

これにはすぐ返事は出来なかったですが、インド行った事ないし、
でもまぁ、
予定にないプランを人生にねじこむのは好きなほうなんで、気づいたらインドにいました。

元々、サファリには何年も前から行きたかったのもありました。

10年以上も前から・・・・富士サファリパークですが・・・

勝手に、バッファローはすでに絶滅していて、もういない動物だと思っていたんですが、
富士サファリパークに行ってきた友達の写真を見てびっくり!

バ、バ、バッッファ・・、バッファロー・・がいる!

写真を見て早とちりして、「現代科学はすごい!」

「遺伝子組替えで品種改良して甦りさせたんだ!」

と勝手に思い込んで、ずっと行きたい願望全開でした.。
(バッファローは絶滅してないことを知ったのは数年後ですが・・・)

場所はマイソールからはどうやら西の方です。

Kabini(カビニ)というマイソールから2時間ぐらいの所です。

朝の練習を終えて、お昼ぐらいから出発です~

前の週まで雨が降ったりしてたのですが、この日よりビックリするぐらい晴天です。

インドの田舎道を車で走りながら・・・色んな動物が既にいます・・・

荷物を運ぶロバ・・・それを監視する黒犬。。。
PA270327.jpg

運転してくれている兄ちゃんはあまり英語が分からないようで、タリック先生の質問に
不安そうにオーケー、オーケーと、答えます。。。

そして、タリック先生の不安は的中し・・・道に迷いました。
PA270328.jpg
まぁ、自分は人のことは言えないので、おとなしくしてますが・・・・どうやら行き過ぎたみたいです。

彼もどっかサファリの宿泊所近辺か車の中?で泊まるそうです。

一度、マイソールまで帰ってまた来るのはガソリン代がかかるから・・・・

彼の時間給はガソリンより価値が低いということになります。。。。恐るべし・・・・インディア
あと、ちょっとで到着です。(つづく・・・)

| [旅するヨギ]インド | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Oh!!! グルジ~!!

アシュタンガヨガの世界ではテッペンにいるお方・・・シュリ・K・パタビジョイス師です!
PA130179.jpg
たまたま、夕方シャラにお邪魔したら・・・

ファミリーが勢ぞろいでした。。(グルジと娘のサラサワティと孫のシャラート)

写真をいっしょに撮りたいんですけど?

「オーケー、オーケー」と、快く取っていただきました。

この際だから・・・と、ついでにサインももらっちゃいました。

5月にナンシー・ギルゴフ先生が名古屋に来たときにくれた、
グルジのスリヤナマスカーラの小冊子にサインをお願いしました・・・

「オーケー、オーケー」と、ありがたや~ですね。

キュートなニット帽が似合うグルジでしたっ!

| [旅するヨギ]インド | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

陰ヨガ・サラ先生に包まれるの巻

一年ぶりの陰ヨガティーチャー、サラ・パウワーの声に癒されます。

まぁ、タイトルはTT(ティーチャートレーニング)とありますが、自分にとっては約20っ回分の通常レッスンを一気に受ける・・・ような感覚です。

去年のポール先生の内容ともしっかり重複しているからいい復習にもなってるし、なにより、生徒としている瞬間が心地いい。

残念なのは、ポール先生や去年のサラ先生の陰ヨガ参加者がまったくいないこと・・・
みんな、陰ヨガをよく思わなかったのかな?

それとも、タイトルがTTだから、私はもう卒業的感覚なのかね?

その固定概念がもったいない・・・先生の説明する内容は去年と同じかもしれないけど、
聞き手の自分は大きく変化してるのだから・・・

まぁ、まとめて休むわけには早々いかないから、せめて去年の参加者のためにワークショップでも行ってあげてもいいと思うけど・・・
ね、UTLさん・・・

まぁ、いろんなサイドからの視点と意見があるのだろうか?

近くにいつもメンター的な支えてくれる先生がいるならいいけど、ポールもサラもなかなか日本には来てくれないから、せっかく来たときくらいレッスンうけねば・・・あれを質問せねば・・・これを質問せねば・・・

と、思いつつ・・・今はまだ最初なんで、復習ということもあって、
ゆっくりと精神的に余裕満々で参加しました・・・
この状態だからまた見えること、理解できることもあるんだなぁ~と・・・

サラ先生の言葉は、何か…自分に新しい感情を作り出してきます・・・

何か、ヨガを勉強しているわけではない・・・

さぁ、ヨガを通じて感じたこの感覚を社会で使っていこうと・・・

自分のステージが単にそこにあるのか?

サラ先生の言葉で、
「絶えず、自分の内側に好奇心を持つこと・・・・」

その好奇心という名の探究心を深く広く大切にしてく・・・・

好奇心より生まれる行動とその実践は面倒という痛みを伴う。

「No Universal Measure For Pain」(痛みの感覚に世界基準はない)

この言葉は、なぜだか小さな痛みを幸せに変えてくれる力がある気がした。

そして、大きな痛みを小さくしてくれる力を・・・・

人によって気づきのポイントは違う・・・

また来年に違った気づきを発見した気になれることを祈って・・・

やはり、陰陽五行とサンキャ五大要素の融合と理解には時間がかかると思った。

まぁ、経験から色々感じるほうがもっと時間かかるか・・・

あせらず、のんびり行こう・・・・まだ、楽しめそうだから。。。

| [ヨギの独り言]ヨガ修行 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガリレオを観るの巻

まだ見てない人は今回は飛ばして下さいな・・・
そして、今回は訳が分からない内容だと思います。
変なテンションで書いてますから・・・・

劇場版ガリレオ(容疑者Xの献身)がタイトル。

ドラマは借りてきて、鬼のようなスピードで見た。物理学者が、仮説と検証により
警察もサジを投げた難解な事件を解決していくというサスペンスだ。

ちょっと、トリックと似ている部分もある(劇場版があったりする点も・・)。

ドラマの最後は同じ物理学者が最強の敵であった。

そして、今回の劇場版の枠組みは、物理学者 VS 数学学者 となっている。

この設定が、実に興味深(おもしろ)い。←主人公の口癖です・・・

数学の世界では、本当に天才がいる。

自分も中学、高校時代は彼ら天才にあこがれて、びっくりするような数式にも挑戦していたが、
まったく歯が立たなかった・・・・
いることを知った。本当に、ミスをしないで、答えを導き出す人々が・・・
一番自信があった数学では、どんなに頑張っても、学年では50番以内には入れず・・・
自分はしょせん秀才なんだなって、理解し、大人へ一歩近づいた頃だった。
彼ら天才達はほいほい、東大や京大に入ってるんだろうが、今頃何をしてるんだろう・・・

重要なのは、答えを導き出すのに感情という道具は使わない傾向にあるにかかわらず、
長い間の集中と、そこから解放された時にはとてつもない達成感と同時に孤独感が押し寄せることだ。そしてかなりの自己満足の世界で、数学における、数学によって出された答え(真実)と、現実における真実が離れすぎていることだと思う。

今でも思うのは、あの時、一生懸命解いていた問題は何だったんだろう?
数式を使って解かれる問題が世の中の発明の何に役立ってるかのワークショップなど
あったりしたら、もっと楽しく勉強できたんだろうと思う。受験勉強というシステムのデメリットだ。
まあ、メリットももちろんあると思うけど・・・

まぁ、いい。
今回登場の役者、堤真一と松雪泰子の演技が素晴らしかった。
(本当にここに尽きる!)

そして、今回のサブタイトル、献身(けんしん)。

英語にすると、 devotion よくヨガの世界では出てくる言葉だ。

やはり、この言葉に目が行ってしまうのと、昔の癖か?エックス(X)に目が行く。

チケット買う時も、エックスくださいって言ったら、危うくエックスファイルを見る羽目になりそうだった。

容疑者が、devotion に身をおき、バクティヨギであり・・・なんてストーリーでは全くなかった。

だが、数学という、いや、数式という短い、それぞれの単数が関係しあい、意味を成すものを追求し(まさに、ヨガのスートラの如く・・・)、定理や法則を神のように見つめ(バクティヨガ)、
数々の文献を穴が開くの如く読み(聖典の読誦)、毎日、実践に没頭する(カルマヨガ)のは、
ヨギの如くである。
(無理やりですかね?)

そして、この物語(パズル)にいつも、最後のピースとしてはまる絵柄は 『愛』 だった。

まぁ、論理的思考に欠けているもの(不必要なもの)は、感情であり、
彼ら(学者)にはいつも欠けているに違いないという半分事実であるような、ないような・・・

最近、経済の世界でも言われる、市場の感情的行動論などもその一つの傾向なんだけれども、

ヨギの言うところの、ユニヴァーサルなモノを感じていくというモノの大切さなのか?

まぁ、正比例を反比例にしてしまう力が、大きな力にはあるってわけで、それも含めて、
論理的に考えなければいけないってことですね?

今回、出番が少なく感じる湯川教授は、まさに容疑者の鏡の向こうの姿のようで、
柴崎こうさんの立ち位置も、容疑者Xのそれではないか?と感じました。。。
あえて、複雑に書いてみましたが・・・

いやいや、また、ドラマに戻ってくるのを期待します・・・

そういえば・・・映画の途中で、涙ぐみそーな場面があったけど・・・
周りの人のすすり泣きの場面とずれていたような気が・・・・

まぁ、そんな映画でした。。。ちょっと原作が読んでみたくなりました。

| [YOSHI ' S LIFE]趣味 and 興味 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリー先生ありがとう!

アシュタンガYOYOGI で、マイソールスタイルでのスタジオを運営している、バリー先生。

金~日と、マイソールクラス。
土曜日はスートラのレクチャーワークショップをしていただきました~
PB010529.jpg
去年の夏、バリ島はウブドでキルスティン&ミッシェルに出会い・・・

その冬には、名古屋でワークショップ・・・・その繋がりで、タリック先生と知り合い・・・・

タリック先生には、インドのマイソールに誘われて行くことにまでなるとは!
(まったく興味なかったのに・・・・)

そのタリック先生の紹介で、今度はバリー先生と知り合いました。

実は、去年の神南プラクティスでのマイソールに参加しているんですけどね。。。。

バリー先生は、NYのブロンクス出身の先生です。

洋服ブランドのビームスとのコラボT-シャツが最近は有名ですが・・・

自分には、サイズがないようです・・・・(残念!)

≫ Read More

| [ヨギの独り言]ワークショップ | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Earth Omusuhi イベントへ行こう!

以前、6月29日にあった、39お結美イベントが帰ってきます!

前回はチャマ先生といっしょに行って、騒いでましたが・・・

今回は、さらにパワーアップして、『39 Omusubi』 と 『アースリート』 をコラボさせての、

アース・オムスビ(Earth Omusubi)』イベントです。
omusubiflyer.jpg
11月8日(土)です!

前回の禁煙のクラブスペースだった、VIOさんも良かったんですが、
今回は、栄はサンシャインの2Fのスペースです!

自分も何故か?ちょこっと、トークで参加しまっす!

個人的に楽しみなのは・・・・やっぱり、ベリーダンスとポールダンス。

音楽とヨガとFOOD・・・・・

いつか、ヨガと音楽とFOODメインのイベントがあれば最高ですね~

当日は最初から、眠くなるまで参加します!

会場で見かけたら、声かけてくださ~い!

| [ヨギの独り言]ヨガカルチャー | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰国1発目のクラス!

ブログを更新していなかったので?

生きてますか?

って、聞かれたので更新します。そして・・・はい。生きています。

帰国してすぐ次の日に、旅行カバンも開ける暇もないまま、東京より、
バリー先生のワークショップ始まりました。

帰国して、3日経つのですが、洗濯機も回すものの、時間がなくて、
次の日にもう一回まわして、また干せずに・・・、すでに3回洗っています。

インドの汚れがとれて調度いいのか? 洗濯物ってそんなに洗っていいのか?

そして、明日、4回目の挑戦です。

バリー先生のWS+3日間の共同生活も楽しく終了して、今度は自分のクラスです。

1ヶ月ぶりのクラスは、何も変わりなく、同じように行いました。

場所がスポーツクラブだったから、人数も20名以上いたりして勝手が違いましたが、
楽しくヨガを伝えれたかな?シャバーサナの時に電気を消す場所が分からなくて、
いきなり1発目でミスしたんですが・・・

まぶしい中でのシャバーサナ・・・・ごめんなさい。ここで懺悔しまっす・・・
シャバーサナ中、床をギシギシ歩いて、ウロウロ・・・結局、スイッチ見つからず。。

まだ、色々、インドでのことや、帰ってきてからのバリー先生とのことなど、
書き足していきたいのですが・・・テンションが上がりません・・・・

何か、ブログというのは一方的すぎる気がして・・・

自分は過去に、大学院で気がオカシクなるほど小論文を書き、論文を仕上げてきたので、
物事を、いい面と、わるい面と両方みて、すべてはメリットとデメリットを含んでいるけど、
自分はこっちがいい。と、いう文章の書き方をしているつもりですが・・・

もしかしたら、この勝手な文章のせいで、気を悪くしている人もいるのでは???

などと、思い始めると・・・・

指が止まります。

いや、それとも、しなくてはいけない山積みの作業から逃げているであろうか?

それは・・・まずは洗濯でしたね。。。明日が晴れるのを祈って・・・

| [ヨギの独り言]Yoshi ヨガクラス | 10:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。