あるヨギの独り言

毎日を楽しく生きるヨギの自叙伝(日記)。 名古屋でのヨガインストラクターとしての生活やヨギとしての旅を続けるYoshiの成長日記です。

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本の教育にはヨガが必要なんだ!

多くの人達が困っているのを見てきた・・・

困っちゃったから、目をそらす・・・

答えのないような問題に直面すると、逃げる。隠れる。目をそらす・・・

人生においての人間関係や、様々な因果関係なんてものは答えのないもの。
とんちじゃないんだから、答えが分らないとコンピューターのようにフリーズする。

だって、答えは◎か×でしょ。回答欄は2つなんだから・・・

先生の答案への返答の仕方を楽してきたばかりに・・・
先生のコミュニケーションの仕方が悪いばかりに問題がおきすぎて、
それを解決する方法を面倒くさがるせいで・・・

誰でも、コンピューターでも採点が出来るように・・・

と、◎か×という解答方法がもてはやされてしまった。

大事なのは、学習とは、◎か×という答えを書き込むことではなく、
その過程から何を学んだか?
なのに・・・

いつのまにか・・・答えをだすまでの手段ではなく、
答えという目的を出すことが大事にされてしまった。。。

とりあえず、意味が分からなくとも、正しいとされる答えを出せば、点数がとれる。
大学に入れる。資格がもらえる。気分がよくなる。。。

学ぶための手段が便利になりすぎたのだろうか?

昔は自然を上手く使って遊んだものだ。
坂を使って、何かを転がして遊んだ。
木を使って、登ったり、ブラ下がったりして遊んだ。
川に潜ったり、温度差や水の突然の流れの早さに驚いたりして遊んだ。
色々工夫したのだ。

今は遊ぶ為の工夫が、本人によるものではなく、ゲーム制作者によって用意されているのだ。

何が言いたいかというと・・・

教育とは、自然に存在する多くの分野において何が自分の工夫を必要としてくれるかを見つけることだ。
または、見つける手助けとなるための知識を手段を手に入れることだ。

目的と手段を間違えてしまうと、その出発点を間違えてしまうと・・・
現代のように、◎か×をすぐに決めるギャンプルのような人生に苦しむこととなる。

1番身近にある身体を使って、その日々に起きた出来事にどのように対応したか?
の過程を現している身体の状態を見ることで、または、見ていく過程において、
自分がどのように感じたか?を観察していくことで、多くのことを知っていくのがヨガだ。

その中には、◎と×では例えきれない多くの複雑な心理が存在していることが解るのだ。
とは言っても、子供には理解しきれない真理を含んでいるので、
せめて高校生過ぎぐらいから開始して欲しいのだけど・・・

しかし、多くのヨガの練習をしている人々にもコノ問題は存在していたりする。
この◎と×で答えを探してしまう問題が・・・

ヨガは、まさに心の状態を知っていくことが目的で、
ヨガの色々な練習方法は、そのための手段なんだけど・・・


ハードに動いたりすることを目的と感じてしまったり、
出来ないポーズを出来るようになることを目的としてヨガをしてしまったり、
長い時間ずっと坐っていれることがが出来ることを目的としている人がいる。

それらを出来るようになることがヨガだと思っている人がいる。

これらは、方法であってあくまで手段なだけなのに・・・

日本人が得意な練習方法として自分の心を押し殺すというのもあります。

自分を押し殺して、辛い動きをしていることを我慢するのを、ヨガの目的と思ってしまっている人もいます。

これらは手段であって、なんて辛いんだろう!嫌だ!嫌だ!と心が反応をしているのを観察して、
何が心に嫌気をさしているのだろう?心はどこを嫌だと思っているのか?
ということを徹底的に観察していくことで心の健全さを取り戻すことがヨガの目的なのに・・・

これが多くの人が、手段と目的をすり替えて練習してしまっている状況です。
これを理解した上で何事も始めないと、スタート地点をあやまると、すべてが単なる苦行になってしまいます。

この現状を外側からだけみて、ケガをするような練習は間違っている!!
という人もいますが、ケガをすることが間違っているのではなく、
目的と手段をすり替えることが間違っていると知らないといけません。

中には、身体を伸ばすことが気持ちよかったり、声がキレイな人のマントラを聴くのがいいとか、
自分に都合のよいことだけを言ってくれる先生がいいとか・・・
目的と手段の問題外のことを練習と言っている人もいますけど・・・
まぁ、じっとしているよりは身体を動かして健康的なのでいいと思います!

蝉や蝶が、サナギから成虫に変わる時には、とってもとっても痛いそうです。
何かが大きく変わるときには痛みが伴うのがユニヴァーサルなルールなのかもしれないです。

そして、その痛みから眼をそらさないこと!

大変なんだけど、その先には大きな、大きなギフトがあるのだと思います。
スポンサーサイト

| [ヨギの独り言]独り言 | 12:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。