あるヨギの独り言

毎日を楽しく生きるヨギの自叙伝(日記)。 名古屋でのヨガインストラクターとしての生活やヨギとしての旅を続けるYoshiの成長日記です。

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぼやき・・・

味わってご飯を食べる人がいたり、
お腹を満たすために流し込む人がいたり、
その店で食べることで満足感を得たりする人がいたり、
料理とマッチする会話を重要視する人がいたり・・・

食べるという行為に対して最初にどのように向き合うか?
それによってすべてのリアクション(結果)は変わってくる。
なにがいいか?の話は別にしておいて・・・

補足だけど、
10代の時代に比べて30代、40代につれて甘みを感じる感覚も半分以下に
落ちて行くのだという・・・(だから小さいときに濃すぎて食べれなかった
料理が食べれるようになったりするのだけど)。

ヨガや瞑想でも同じだ。
そのプラクティスに対して最初に向き合う姿勢が大事だったりする。

ヨガや瞑想を真剣に伝えようとしている人を客観的に見ると・・・
現代という時代はやれやれ・・・と思ってしまうのだ。

食の例に戻すと・・・

本当に生活を豊かにする為には・・・

美味しいものを食べる為には、価値に合う対価を払わないといけない。
食する味わいを感じれる感覚・感性を高めておかないといけない。
その料理と共に知識(食材の知識・土地、国の歴史・食する順番を考えるなど)を持たないといけない。
食がどこから誰の手を経て自分の口へと運ばれるのか?
お店の人との人間関係も大事だ。
食だけでなく、その食に合う飲料物の知識も大事かもしれない。

これは、フランス料理だけを言っているのではなく、
インドのサンバルや、日本の精進料理まで、簡単な朝食までに言えることだと思う。

と、いうように豊かにするということは、
とても面倒で、下手したら苦痛を伴い、
その苦痛を受け入れることでもある。

さて、本題へと戻すと・・・

ヨガや瞑想を真剣に伝えようとしている人を客観的に見て・・・
真剣であるが故に、その内容には辛さや苦痛が伴われるのだ。

山の頂上の景色を見たかったら、頑張って登らないといけない。
ヘリコプターで行ったら、もっと高い所から降りるのだから感動などなくなるのだ。

辛さや苦痛と向き合うことで、その先にある素晴らしき世界などに
到達しなくとも、人間関係や仕事の不満、うまく行っていない人間関係、
最初から築いてすらいない男女の人間関係。表面上の会話や共感。。。
疑似恋愛から、上から目線のもらい泣きや周りに、周りに合わせてする愛想笑い・・・あげたらきりがない・・・

適当にごまかしたり、お酒を飲んで寝てリセットしたりして
向き合わなくとも問題を先送りできてしまうのだ。

やれやれ・・・

この現代の「浦島太郎」的哀しいストーリーは自分も含め、
すべての人に当てはまると思う。

現代という、この世界は・・・
簡単に竜宮城に行けてしまう。

そんな人々に、そっと耳元で
「後で玉手箱を開けたら×××!」とささやいても中々信じてもらえない。

少し暇な時間に考えることは、こんなことばかりだ。
どうやったら、このささやきに耳を傾けてもらえるのだろうか?
玉手箱を開けたあとを待つしかないのだろうか?

でも、形を変えて竜宮城はやってきて・・・
また違った玉手箱を開けてしまうのだ。。。

やれやれ・・・
スポンサーサイト

| [ヨギの独り言]独り言 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トランス脂肪酸を減らそう!!

素晴らしい内容だったので丸っと抜粋させていただきます。

前からずっとお願いしてきたこと。トランス脂肪酸を減らそう!ということ。

この文章はよく書かれています。
日本は大企業と官僚との癒着が強すぎるから中々規制が変わらないけど、

世界では、明記することは当たり前、
スイスやオーストリアでは使用すら禁止しているぐらいですから!!
(これらの国は逆に乳製品を守らないといけない理由かもしれないけど・・・)


まぁ、食の有名人、エリカ・アンギャルさんの文章ですから!

↓↓↓

トランス脂肪酸との決別宣言!
マーガリン、ショートニング、加工植物油脂はもう食べない!

健康と美の敵であるトランス脂肪酸。日本でもよう
やく認知されるようになってきましたが、その恐ろしさはまだ十分に伝わっていないようです。トランス脂肪酸は、体重増加、心臓疾患、不妊症(女性・男性共に)、子宮内膜症などの婦人科系の病気、アルツハイマー病などの健康上の問題との関連性が指摘されていますが、それだけではなく、私たちの精神状態や行動にも深刻な影響を与えることが分かってきました。

私たちは普段の精神状態や行動を自分自身でコントロールしていると思っていますが、実際には毎日の食事など、多くの要素の影響を受けています。ある研究論文(出典1)によると、トランス脂肪酸を含む食事を取ると、うつ状態になるリスクが非常に高まるということも判明しています。また、昨年発表された研究論文(出典2)によると、トランス脂肪酸は攻撃的になったり、怒りっぽくなったり、イライラした気分になったりしてしまうことと関係があることが分かっています。

前述の一つ目の研究は、スペインで12,059人を対象に6年にわたって調査したもので、加工食品やジャンクフード、ファストフードなどからトランス脂肪酸を多く摂る人は、トランス脂肪酸をほとんど摂らない人と比べてうつ状態になるリスクが48%高いということが明らかになりました。また、食事の摂取カロリーのうち、0.6%以上をトランス脂肪酸から摂取している人は、トランス脂肪酸をほとんど摂取していない人と比べると、うつ状態になるリスクが48%高いという結果が出ました。また、研究者らによると、国民のトランス脂肪酸の摂取率が平均的に高い国(アメリカなど)の場合、トランス脂肪酸がうつ状態に与える影響はより大きい可能性があるとのことでした。

前述二つ目の研究(カリフォルニアで実施)では、年齢や民族、性別にかかわらず、トランス脂肪酸の摂取量が多いほど、攻撃的になるという関連性が示されました。実際に、攻撃性を増すリスク要因と考えられてきた年齢や性別、教育や喫煙などに比べ、トランス脂肪酸の方がより確実な要因であることが分かったのです。

また、複数の研究(出典3)で、トランス脂肪酸は、体内での脂肪酸からDHAへの変換プロセスを妨げることが判明し、それが原因でイライラした気持ちを高めたり、より怒りっぽくしたり、うつ状態になるリスクを高めているともみられています。DHAはサーモン、イワシ、サバなどの魚に含まれる天然のオメガ3脂肪酸で、気持ちを落ち着かせたり、うつ状態を防いだりする効果があります。オリーブオイルにもこれと同様の効果があるそうです。同じ脂肪分でも、健康的でハッピーでいるためには、摂取する脂肪分を自分で賢く選択することがとても重要なのです。

トランス脂肪酸は、例えばトースト、唐揚げ、ポテトチップス、ドーナッツ、クラッカー、クッキー、ケーキ、揚げ物、スナック菓子、レトルトカレーなどのほとんどの加工食品に含まれています。しかし、困ったことに、トランス脂肪酸はこんなにも多くの食品に含まれているにも関わらず、日本では原材料欄に「トランス脂肪酸」と明記されていません。代わりにマーガリン、ショートニング、植物油脂、加工植物油脂と記されています。そこで大切なことは、自分自身が『食材探偵』となって原材料欄をしっかり確認することです。特に、子供を持った母親は原材料欄をよく見るようにしてください。子供用の食品にもトランス脂肪酸(複数の種類の場合も)が多く含まれていることにきっと驚くことでしょう。

その一方で、諸外国ではトランス脂肪酸がすでに厳しく規制されています。デンマークでは2003年、スイスやオーストリアでは2009年から使用すらも禁止されています。少なくともほとんどの国では、原材料欄に「トランス脂肪酸」と明記することが義務付けられています。日本でも一日も早くトランス脂肪酸が明記されるよう願っています。

トランス脂肪酸は、「保存可能期間を引き延ばす」こと(クッキーや加工食品を何ヶ月も新鮮な状態で保存できる)と「クリーミーな食感を与える」こと以外に、何ひとつとして良い点はありません!次回スーパーに行くときは、カロリーをチェックするだけではなく、原材料欄をしっかりと確認するようにしてください。そして、マーガリン、ショートニング、加工植物油脂と記されていたら買うのをやめましょう!

※ ただし、植物油脂と書かれていても、エキストラバージンオイル、アボカドオイル、えごま油などの自然の油を使用している場合は問題ありません。

Lots of Love, Erica

(出典1) Almudena Sánchez-Villegas, A., et al., “Dietary Fat Intake and the Risk of Depression: The SUN Project” PLoS ONE, 2011; 6 (1): e16268 DOI: 10.1371/journal.pone.0016268

(出典2) Golomb BA, Evans MA, White HL, Dimsdale JE (2012) Trans Fat Consumption and Aggression. PLoS ONE 7(3): e32175. doi:10.1371/journal.pone.0032175

(出典3) Kummerow, F. A., et al . Trans fatty acids in hydrogenated fat inhibited the synthesis of the polyunsaturated fatty acids in the phospholipid of arterial cells. Life Sciences, 2004, vol. 74, pp: 2707-2723.

| [YOSHI ' S LIFE]FOOD | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。