あるヨギの独り言

毎日を楽しく生きるヨギの自叙伝(日記)。 名古屋でのヨガインストラクターとしての生活やヨギとしての旅を続けるYoshiの成長日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

働くということ。

内閣府の「国民生活に関する世論調査」の

『働く目的』 から見ると・・・

.生き方,考え方について
 
 (2) 働く目的は何か

 働く目的は何か聞いたところ,「お金を得るために働く」と答えた者の割合が49.7%,
「社会の一員として,務めを果たすために働く」と答えた者の割合が13.0%,
「自分の才能や能力を発揮するために働く」と答えた者の割合が9.6%,
「生きがいをみつけるために働く」と答えた者の割合が23.0%となっている。

前回の調査結果と比較して見ると,
「お金を得るために働く」(53.7%→49.7%)と答えた者の割合が低下し,
「社会の一員として,務めを果たすために働く」(11.5%→13.0%),
「生きがいをみつけるために働く」(19.8%→23.0%)と答えた者の割合が上昇している。

性別に見ると,「社会の一員として,務めを果たすために働く」と答えた者の割合は男性で,
「生きがいをみつけるために働く」と答えた者の割合は女性で,それぞれ高くなっている。

性・年齢別に見ると,「お金を得るために働く」と答えた者の割合は
男性の30歳代から50歳代と女性の20歳代から40歳代で,
「社会の一員として,務めを果たすために働く」と答えた者の割合は男性の50歳代から70歳以上で,「生きがいをみつけるために働く」と答えた者の割合は男性の60歳代,
70歳以上と女性の50歳代から70歳以上で,それぞれ高くなっている。

職業別に見ると,「お金を得るために働く」と答えた者の割合は管理・専門技術・事務職と労務職で,「社会の一員として,務めを果たすために働く」と答えた者の割合は商工サービス業・自由業(自営業主)と管理・専門技術・事務職で,それぞれ高くなっている。

   (3) どのような仕事が理想的だと思うか

どのような仕事が理想的だと思うか聞いたところ,
「自分にとって楽しい仕事」を挙げた者の割合が52.2%と最も高く,以下,
「収入が安定している仕事」(49.3%),「自分の専門知識や能力がいかせる仕事」(33.0%),
「健康を損なう心配がない仕事」(17.8%)などの順となっている。(2つまでの複数回答,上位4項目)
 
前回の調査結果と比較して見ると,「自分にとって楽しい仕事」(44.2%→52.2%),
「自分の専門知識や能力がいかせる仕事」(29.4%→33.0%),
「健康を損なう心配がない仕事」(16.1%→17.8%)を挙げた者の割合が上昇し,
「収入が安定している仕事」(52.2%→49.3%)を挙げた者の割合が低下している。
 
性別に見ると,「自分にとって楽しい仕事」,「健康を損なう心配がない仕事」を挙げた者の割合は
女性で,「自分の専門知識や能力がいかせる仕事」を挙げた者の割合は男性で,
それぞれ高くなっている。

 (4) 収入と自由時間
 
収入と自由時間の関係について,自由時間をもっと増やしたいと思うか,収入をもっと増やしたいと思うか聞いたところ,「自由時間をもっと増やしたい」と答えた者の割合が38.4%,「収入をもっと増やしたい」と答えた者の割合が48.0%となっている。なお,「どちらともいえない」と答えた者の割合が 11.7%となっている。
 
前回の調査結果と比較して見ると,「自由時間をもっと増やしたい」(31.2%→38.4%),「収入をもっと増やしたい」(43.9%→48.0%)と答えた者の割合が上昇し,「どちらともいえない」(22.1%→11.7%)と答えた者の割合が低下している。
 
性別に見ると,「どちらともいえない」と答えた者の割合は女性で高くなっている。
 
性・年齢別に見ると,「自由時間をもっと増やしたい」と答えた者の割合は男性の50歳代で,
「収入をもっと増やしたい」と答えた者の割合は男女とも30歳代,40歳代で,それぞれ高くなっている。
 

職業別に見ると,「自由時間をもっと増やしたい」と答えた者の割合は管理・専門技術・事務職で,「収入をもっと増やしたい」と答えた者の割合は商工サービス業・自由業(自営業主)と労務職で,それぞれ高くなっている。



と、いうことだそうだ。

バガヴァッド・ギータの第3章に、仕事という意味合いの言葉はよくでてくる。

自然よりの恵みを受けている我々が、自然とのギブアンドテイクという意味で、
義務としているものが仕事だという考え。

賢いものは、何事にも執着をせずに活動する。
労働に関して報酬があるのは自然な対象物の交換なので、その交換以上の欲をださない。
無知な人々は、報酬(それ以上の価値の報酬)を求めて仕事をする。
仕事とは、行動を意味するのだ。
何か(行動)をしなければ、世界は止まってしまう。
だから義務なのだ。

的な、解釈をすることができるのかもしれない。

こういった解釈から、内閣府の調査の結果を紐解いていくと・・・

働く目的の一番多い理由、約50%の人が答えた理由、2人に1人が選んだ理由、

「お金のために働く」 とは、どういう意味なのだろう?

働く ⇒ 行動(労働)する ⇒ それに見合った報酬をもらう ⇒ お金を頂く。

という自然な対象における価値の交換をするためだけに働く・・・

それ以外のよけいなことは考えない。

という、バカバットギータ的な発想は実践されているのか?

いや、されていないだろう。

この「お金のために働く」という意味は対価としてのものではなく、使うことを

「お金のために働く」が50%、「社会の一員として、務めを果たすために働く」が13%という時点で、
働くことが自分の務めなんだ、という気持ちを持たずに働く人が多いことを表している。

たぶんちがうだろう。どのような仕事が理想だと思うか?のアンケートでの50%の回答が、
「自分にとって楽しい仕事」とある。

すなわち、自分のした労働(行動)より多くのお金や、知恵をもらおうという考えなのか?

もしくは、どうせ「10」の労力を使って『10』の報酬をもらうんだから、
辛いものより楽しいものがいい!

というのであろうか? 楽しい=楽(らく) であっては欲しくないものだ。。。

その瞬間(今)、瞬間(今)に努めて従事しないと・・・・

生きがいを見つける前に、活きていないと思うのは酷な意見だろうか?

アルジュナ達よ!
スポンサーサイト

| [ヨギの独り言]独り言 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

近頃私も、「仕事とは?」とよく考えるのですが、
>労働に関して報酬があるのは自然な対象物の交換なので、その交換以上の欲をださない。
無知な人々は、報酬(それ以上の価値の報酬)を求めて仕事をする。
仕事とは、行動を意味するのだ。
何か(行動)をしなければ、世界は止まってしまう。
だから義務なのだ。

のところに、何だかすごく納得できました。

自分のしている事にたいして、‘自然な交換より低い’とお給料などを感じた場合、人は仕事に不満を感じるのかな。

生業と仕事の違いも、よく考えます。
そしてごっちゃになります。

面白いテーマ、ありがとうございます。

| はるる | 2009/08/11 21:47 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>はるるちゃん
お久しぶりです~
自分の人生のテーマは・・・何かに意識的に従事すること!
そして、そのことに全力を注ぎ、謳歌すること!

その結果、報酬だとか、賞賛だとか、やってくるのかも?
でも、その時には結果に目を向けず、目の前のことに全力なはず!
報酬を気にしてしまうのは、目の前のことに目をそらしてしまっているのかも・・・・

大丈夫!結果は必ずついてくる!過去に振り返らずに今を中心に色々試行錯誤しながら、
前に進み、望む世界を受け入れれば必ず手に入る!

与えれば、与えられるのは自然の法則かもしれないですね~

yoshi

| Yoshi Yasu | 2009/08/18 21:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ayogi.blog5.fc2.com/tb.php/266-fb0b2717

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。