あるヨギの独り言

毎日を楽しく生きるヨギの自叙伝(日記)。 名古屋でのヨガインストラクターとしての生活やヨギとしての旅を続けるYoshiの成長日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

行きたい!サファリに!

タリック先生のサファリ旅行ツアー。 バリもいいけど、こっちもすごい!

勝手に抜粋して宣伝してしまいます!

bk.jpg
アシュタンガ・ヨガ サファリ in タンザニア
2009年11月1日~10日(人類誕生の地でのヨガ)

東アフリカの旅行から私が戻ってきたばかりなことは、みなさんもご存知だと思います。 アフリカ滞在中には、いくつかの本当に素晴らしい場所、誰かとこれを共有したいと自然に思ってしまうような素晴らしい事柄をたくさん見つけてきました。
何人かの方には戻ってきた後に話をしたのですが、東アフリカは私が今まで旅をしてきた中でも、一番素晴らしい場所だと思いました。 そして何度か慎重に考えてみた後で、タンザニアで10日間のヨガ・リトリートを行うことを決めました。

滞在することになる宿泊施設の”ンガレ・セーロ”は、タンザニアのアルーシャのちょうど外側あたりにあります。そこから活火山や滝、また最近最も古い人類の足跡が発見されたネートロン湖のような美しい場所へ、日帰り旅行や何泊かの小旅行に行く予定です。野生のキリンや象とメルー山をトレッキングしたり、そこここにいる野生動物の群れを見にンゴロンゴロ・クレーターに行くといった計画を立てています。

今回リトリートのベースとなる宿にンガレ・セーロを選んだ理由は、美しくハイ・クオリティで、とても親切なスタッフやオーナーが居るからです。それだけでなく、2つのヨガ・シャーラが施設としてあり、彼らは環境維持開発についても取り組んでいます。
施設内にはフレッシュな湧き水が溢れ、野生の猿が木に登り、200種以上の鳥、魚やカメレオンが見られ、スイミング・プールや美しい庭を楽しむことができます。また地元の村へもすぐに行けます。ワークショップを11月にしたのは、ちょうどアフリカではこの時期は春にあたり、花が咲き始める最も美しい季節にあたるためです。

ンガレ・セーロは将来的にきちんとしたヨガ・リトリート施設となることを目指しているため、今回は特別に宿泊、食事、滞在中の移動費全額をほぼ50%オフとしてもらえることになりました。
これは多分、生涯一度きりの貴重な旅になるだろうと私は確信しています。そして私にとっても前回の旅以上の素晴らしいものになることは確実でしょう。 自然や野生動物、冒険や普通と違った旅が好きな方には、絶対満足してもらえるものになると思います。

施設とネートロン湖の情報についてはこちらをご覧ください。
http://www.ngare-sero-lodge.com/

食事はすべてベジタリアン食となりますが、希望があればノン・ベジタリアンでも対応ができます。ロッジには新鮮なマスもいます。
また、全ての参加者はフリーのマッサージサービスを一回受けることができます。今回のこのリトリートでは、往復の航空券代、ビザ、スケジュール外のアクティビティ費用以外は全て料金に含まれています。 内容としては宿泊、スケジュール内の移動交通費、公園内のパス、食費、許可証代等になります。 フリーの日のオプショナル・ツアーなどは別料金になります。

ヨガクラスは基本的に毎朝行われますが、サファリ・ツアーや小旅行に出かける場合は早朝に出発しますので、代わりのクラスとしてプラナヤーマや瞑想、朝か午後に短いクラスを行います。今回のリトリートはアシュタンガ・ヨガの初心者の方にも参加いただけます。
マイソールクラスの日には、初心者へのイントロダクションも行いますので、ぜひだんな様や奥様やパートナーの方もお連れください。10歳以上でしたらお子さんでも大丈夫です。ヨガをされない方も歓迎ですが、リトリートのテーマと主なスケジュールはヨガであることをご理解頂ければと思います。

料金は全額でUS$2890となります。
(必要経費全て込み、ただし往復の交通費、ビザ、スケジュールに含まれない諸費用は除く)
航空券代は大体の金額を現在調べていますので、追って詳細をお知らせします。
ご参考までに前回私が3月に行った時は、140,000円でした。
なお、もし11月10日の後にも何日か時間の余裕がある方のために、セレンゲッティ国立公園かマサイ・マラへの2泊3日のサファリツアーもオプショナルで予定しております。 私たちは、一年のうちでいつ、どこが一番、東アフリカで野生動物を見ることができるか考えた上で、この企画を立てました。こちらは別料金となりますので、興味のある方は教えていただければ、詳細についてはご相談いたします。

参加を決められましたら、旅行に必要な備品や服装について詳細をお知らせします。
また健康管理については、担当医に事前にご相談ください。

この件についての予約や質問について、私宛に直接メールにてお問い合わせ頂くか()、もしくはウェブサイトをご覧ください。
人数に限りがありますので、なるべく早く予約をお願いできればと思います。
11月1日(日) 到着 - シャトルにてナイロビからアルーシャへ移動 - ンガラ・セーロ到着
11月2日(月) 朝のクラス - 敷地内ツアー、泉やこの地の歴史などについて - 町でのショッピングや探索
11月3日(火) 朝のクラス -  メルー山へピクニック、火山灰丘見学、サファリ
11月4日(水) プラクティス - 朝食後 ネートロン湖へ
11月5日(木) ネートロン湖にてプラクティス、ハイキング、滝や古代の足跡の化石見学
11月6日(金) ランチ後、ネートロン湖出発、ンゴロンゴロへ、夜サファリ・ロッジへ到着 (1泊)
11月7日(土) 朝6時にンゴロンゴロ出発、ランチか午後まで滞在後、ンガラ・セーロへ
11月8日(日) 朝のクラス - 終日フリー、お好きなアクティビティをお楽しみください
11月9日(月) 朝のクラス -  キカレトゥア、もしくは近隣へ日帰り旅行
11月10日(火) 朝のクラス -  出発日
11月11日~14日 マサイ・マラ/ナクル湖/サファリ/またはラムへのオプショナル・ツアー
スポンサーサイト

| [YOSHI ' S LIFE]趣味 and 興味 | 12:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2010/05/26 11:32 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ayogi.blog5.fc2.com/tb.php/380-36cb8bf4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。