あるヨギの独り言

毎日を楽しく生きるヨギの自叙伝(日記)。 名古屋でのヨガインストラクターとしての生活やヨギとしての旅を続けるYoshiの成長日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分はジャーナリストにはなれない。

NHKは素晴らしい。

ニュースをただ伝える。

それがいいとか、わるいとかは言わない。

ただ伝える。

もちろん、内容から我々が先読みをして印象を決めてしまうのもあるが。

凶悪犯の写真などがそうだ。悪い写りに見えてしまうのは、悪い人と思ってみているからだ。

その話はいい。

ワイドショーが好きになれない。

酷い事件ですね~とか、その手の専門家でもないのに意見を超えて雑談している。

ジャーナリストとは、定義を見ると・・・

『ジャーナリスト (journalist) は、新聞、雑誌など、あらゆるメディア (medium, media - 媒体) に記事や素材 (article) を提供する人、または職業。』出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とある。NHKは純粋に提供する人。他局のワイドショーは感情をのせて(エゴをのせて)感想を言う人。

ジャーナリストは心に鉄の鍵を持たないといけない。

記事には2面性がる。よい点とわるい点。どんな酷い事件にも。どんな意味のない事件にも。

それが伝わるかどうかは受けての感性だけど、それが一方に偏っていてはいけない。

人がどんどんと動物に近づいてしまう。 そのわけを分かりやすく伝えるだけの材料がない自分が悔しい。

ジャーナリストは透明人間のように、その人の向こうにその記事の映像が浮かぶのであってほしい。
スポンサーサイト

| [YOSHI ' S LIFE]趣味 and 興味 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ayogi.blog5.fc2.com/tb.php/404-e6b91402

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。