あるヨギの独り言

毎日を楽しく生きるヨギの自叙伝(日記)。 名古屋でのヨガインストラクターとしての生活やヨギとしての旅を続けるYoshiの成長日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

開放感を感じています。

ちょっとした繋がりからバリ島に来ています。(短い時間ですが。。。)

何をしているか?というと、バリ島の空気を感じながら人の話を聞いたり、話したり。。。

よく行くあんな店やこんな店には足を運べてません。こんな時も大事です、

年齢と共に自分で何もかも決めて立ち向っていく中、
同じように責任を持って自分で行動している人達の先輩方の姿や姿勢に触れることが
さらに頑張る勇気と力をわけてもらっている気がします。

最近、何をそんなに急いでいるのか?

というような質問を少し前にされたのですが、周りからはそう見えるのかなぁと思いました。

自分自身のスピードは何も変わることなくいるつもりですが、
周りの過ぎ行くスピード感を早めてみているのは事実です。

車の席に座っているのと、新幹線の席に座っているのは、どちらもじっとしている作業ですが、
周りの過ぎ行くスピードは違っています。

その景色に対応できるように判断と思考の決断までのスピードをあげているのですが、
確かに負荷がかかっています。

そういう意味では、一カ所に留まっているのではなく、
場所を変えて客観的に物事を見たりする作業は大事だと再確認しました。

どんなに相手のことを考えても自分目線(自分本位)で物事を考える人は
相手を理解した気になっているだけで分かることはないのです。自分もそうでした。
客観的に外から見ることで把握できたりすることで解決策が見つかることもあります。

すべては自分の我を横に置いておいて、相手の立場になって場の雰囲気を読むことが
自分自身と周りをコミュ二ティを社会をよくする唯一の方法であるのだから。。。

早く2011年になってもらいたいものです。

個人的にはやっと混沌とした雲の中から脱出するかのように来年が光を指してまっている感があります。

扉を閉じて力を溜め込んでいた箱が溢れでそうな感です。

さてさて、明日は2年間かけてバリ島に自分の城を構築していたHさんのほぼ完成された建物を見学します。

自分も長年色んなプロジェクトに関わってきましたが、
始まりから出来上がるまでが1番輝いている時期なのです。

出来上がることで次のプロジェクトが輝きだすからですが、明日に1番の輝きを見てから帰国します。。。

スポンサーサイト

| [旅するヨギ]バリ | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ayogi.blog5.fc2.com/tb.php/461-d0d4b04f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。