あるヨギの独り言

毎日を楽しく生きるヨギの自叙伝(日記)。 名古屋でのヨガインストラクターとしての生活やヨギとしての旅を続けるYoshiの成長日記です。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

頭の中にゴミを溜めないで!

30代を過ぎて本当に大事だと思うことがある。

精神を育てるプラクティスを
しているかどうかで、
その後の人生が大きく変わるという事だ。

剣道、柔道、合気道、武道、書道、華道、茶道、
そしてヨガや太極拳などのエナジーワークや瞑想や禅など。

実際にプラクティスを自分でしていたり、している人を見ていると、
その実践の過程で、

(1)他ゴト考えながら練習している人
(2)何かに集中して練習している人
(3)集中してそうで、ただぼぉーっと何も考えてない人
(4)集中しようと努力しつつ、また他ゴト考えて、また集中して…を繰り返す人

…の人達がいる。

結局は、それぞれの自分の状態に
どうしてそういう自分がいるのかを
深く考えないといけないのだと思う。

何かについて徹底的に考えることが仕事であり、それを従事しているこいい、それが繰り返される事を「生きる」ことという。

残念ながら、考えなくてできると思われるような(実際はそうでないと思うけど)仕事は、機械にとってかわるようになった。

これが現実なのだ。

昔の仕事と比べると、
考えない仕事は機械がして、
数パーセントの改善を人が考えるのが人の仕事となった。

そして…
我々人類は考える事によって生まれる頭の中のゴミに悩み苦しむのだ。

だから、精神的なプラクティスがそのゴミを燃やしてくれる。

我々は、ゴミを生みださないと機械のように死んでしまうし、
ゴミを燃やさないと腐ってしまうのだ。

その考えを元に考えると、
120歳まで生きることができるなんて言うのは嘘っぱちだと分かる。

ゴミをだして、それを燃やしてを繰り返すのは難しいからだ。

現代技術は、機械のように生きながらえる技術を持ってしまったから
ある意味恐ろしいのだけど…

何が言いたいかというと…

大人気ないとか言わないで、
怒り、悲しみ、喜び、喚き散らして、
頭の中のゴミを撒き散らかそう!
そして、そんな自分をしっかり見つめてゴミを燃やしていこう!
と言うことだ。

10代、20代の頃は勢いで色んな事にぶち当たり頭のゴミなんてその日のうちに燃やしていたと思う。

だから、30代過ぎたら頭のゴミを燃やす精神プラクティスが必要だと思う。
ゴミを完全に燃やす方法は沢山あるから何の心配もいらない。

怖いのは、ゴミを埋めてしまうこと。埋めれば、埋めるほど、
ぼーーっと、思考を停止する癖がついてしまうことだ…

| [ヨギの独り言]ヨガ修行 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雰囲気で語る。

歳を重ねるたびに虚栄心が一枚一枚はがれていく・・・

・・・そんな人がいい。

涼しい余裕がある顔の裏側にはどんな醜悪な臭いがあるか知らないけど、
エゴとプライドばかり重ねて歳を重ねている人もいる。

心をふわっとさせて柔らさを保つことが大事なんだろうけど、
ひやすら強さを求めて「意志の強さ」を大事だと思っている人がいる。

柔らかさと強さが共存するニュートラルな状態を
いつも目指していきたいもんだ。。。

最近、気づいたことがある。
自分が指導している時に、何を大事にしているのか?
それは、「雰囲気」だった。

いい雰囲気が出ているかどうか?

そんな基準で指導している自分に気づいた時、
あぁ、指導者としてやっと半人前まで来たな~~って感じれた。

エゴとプライドが一枚はがれた瞬間とも言える。

あぁぁ、この雰囲気だ!!!

という、分かる人には分かるけど、
分からない人にはさっぱり感が満載のお話でした・・

| [ヨギの独り言]独り言 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無知について

多くの人達と話をしていると、
会話の中で「私は無知だから…」とか、
「何もしらないんです…」
と言う人がいることがある。

『無知』というと何も知らない人と思われがちだけど、
実際はもう少しニュアンスが異なる。

簡単に言うと…
何かを知ったときに、
ある一面しか知らない、
ある一面しか見ることができないことを『無知』というのだ。

例えば…

ものごとを良く知ってそうな人と話した時に、
知らない単語がいっぱい出てきて何を話しているのか全然分からない…という時がある。

この時に、
その話しているのが何かの専門家だったら、
私が知らなくとも関係ないや…と、気にもしないだろう。

しかし、
これが友達や親しい人だとすると、
私は何も知らない!教養がないんだ!
と、怒りがわいてきて自分を攻めて、周りに、
「私はバカ(無知)ですから…」と言ってしまう。

勝手に比較して、自分と周りを比べて勝ち負けを競っているのだ。
そして、知らない負けた自分を嫌っていく…

本当は知らなくて何にも困らないし、
ちょっと冷静になって、その知らないことを質問して知ってしまえば、おしまいとなる。
そして、元々必要ない知識だったから時間と共にすぐ忘れるのだ。

色々なことを知っている人にも問題がある。知識をさらけだしたい、
その知識を持ってない人を上から見下ろして優越感を味わいたい…などが理由の場合がある。

エゴはエゴを惹きつけるのだ。

表面的なことを山ほど知っていても、
干からびた心は満たされない。

自分自身と深く関わる事で、
生活や仕事、趣味で登場する目の前にある物事を良く知ることができた時、
自分は「無知ではない」と言えるのだろう。

と言っても趣味や興味と向き合うのも大変だからピンとこない人もいるだろう。
やはり、
生活に良く関わる知識と言えば、「食」に関してではないだろうか。

さらに、分かりやすいのは「食品」
などの例で、我々は「パン」という
完成された「食品」を知っている。

それがコンビニに売っているのも知っているし、
パン屋さんにも売っていることを知っている。

では、なんで袋に入っていつまでもパン木地がフワフワなのか?

なんで、1年ぐらい常温で置いておいても見た目が変わらないのか?

なんで、表面はいつまでもサクサクして香ばしいのか?

我々は、何にも知らなかったりする。

便利で、簡単に手に入って、
美味しいパンだということは知っているけど、別の一面は何も知らない。

これを「無知」と呼ぶのだと思う。

ビジネスには、
人々の「無知」を利用する物と、
していない物がある。

1つのものをゆっくり丁寧に見ていくことで、
多面的に其の物を知ることができる。

無知を利用するビジネスでは、
お客さんにあまり考えてもらっては困るから、
次々に色んな新商品を用意して
いつも表面的な部分だけを見てもらおうとするのだ。

色んなモノを手放していこうという断捨離は、
手放すこと自体がプラクティスであるけど、
残ったモノをよく見ていくのもプラクティスなのだ。

ココにポイントがある。
どうして、人々はモノのある一面しか見れないのか?

その一面ですら思い違い、
勘違いしてたりするのだろうか?

これが自分のモチベーションだったりする。
ヨガスタジオもオープンして8年目に突入するけど、
この「心の問題」を解決できるカギがあると信じているからだ。

初心を思い出して「ヨガスタジオ」の目指す所を再確認させてもらいました。

| [YOSHI ' S LIFE]趣味 and 興味 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

True Nature ④ ムーラバンダを理解する

世界一美しいヨガイベント【True Nature】2013@箱根

photo1.jpg

ヨガ × 音楽 × 自然 × 温泉 × フード

TRUE NATURE 2日目!!

お昼から始まる自分のクラスの前は
さすがにレッスンは受けないでおこうと思っていたんだけど、
前夜にパトリックから「私のクラスは場所が変更になったからねっ!」
ってメールがきて・・・

早朝ならいっか、と、朝から気持ちよいプラナヤマプラクティスでした。

patrik.jpg

その後は、ホテルの朝食を「なだ万」さんでいただきました。
(目の前にある富士山に見とれて食事の写真は撮らず・・・)

20130929200823_201310251554403a7.jpg

温泉にまたつかり・・・100点満点の朝を過ごすことができました。

さて、13時からは自分の担当するクラスです!!
20130927123158.jpg

準備は万全です!!
20130928122203.jpg



| [ヨギの独り言]ヨガカルチャー | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。